知らなかった!?声優の養成所に通うメリットとデメリット

声優になりたいなら養成所に通うのが一番?

声優になりたい人は、専門学校に通ったり養成所に入る人が多いと思います。プロの声優も、ほとんどの人が専門学校や養成所を経てプロになっている人ばかりです。専門学校でも声優にとっての知識や技術を身につけることが出来ますが、より声優のことを専門的に学ぶのでしたら、養成所に通うことをおすすめします。
しかし養成所に通っているからと言って、必ずプロになれるわけではありません。知識、技術、人柄、時には運も必要になります。
では、養成所に通うとどんなメリットがあるのでしょうか?そしてデメリットはあるのでしょうか?養成所に通ってからでないと気づけないことはどんなことなのでしょう?
養成所を選ぶ前に知っておいて欲しいことを紹介します。

メリットとデメリットを考慮してから決めよう

養成所に通うメリットは、声優にとって重要な知識と経験を得ることが出来る点です。
講師はプロの声優が務めることがほとんどなので、実際の現場での体験を交えながら教えることが出来るので、学ぶ側もプロの現場がどういったものなのか知ることが出来ます。
さらに、声優事務所の養成所の場合、その事務所に所属出来るチャンスがあります。場合によっては、その事務所から仕事を貰えることもあるかもしれません。
デメリットをあげるとすると、その養成所に合わない場合があるということです。
養成所には、独自の教える方針、考え方、教え方があります。その養成所の方針と自分が合わなければ、養成所に通う意味はなくなってしまいます。
養成所を選ぶ時は、その養成所独自の方針や考え方をあらかじめ知っておくことが重要になります。